トップエアロビック運動推力と抵抗初級中級上級Goods
 ゆっくり水泳 ゆったりスイミング ・ 初級  

初級
クロールで呼吸して25m泳げるまで

もしかあなたが泳げなくて、泳げるようになりたいと思うのでしたら、コーチに教えてもらえるコースを選ぶべきです。コーチはあなたが泳げるようになるよう、 手本を見せてくれます、そしてあなたが泳ぐのを見て直すべきところを指摘し上手に泳げるようになるよう導いてくれます。
クロールで呼吸して25m泳げるようになるまで、コーチの言うことをしっかり聞いて練習しましょう。ここで自己流で変な癖を付けてしまうと、 なかなか修正が難しくなります。美しく無駄の無いフォームで長い距離を泳げるようになるためには、最初が肝心です。

水に浮く

泳ぐ前に水に浮く話です。



左の図は、体のほとんどが水面上で泳いでいるもの。真中は、体の半分くらいが水の中に入って泳いでいるもの。右は、ほとんどの部分が水の中で泳いでいるものです。人は体の密度が水とほぼ同じなので右の形になります。水がたとえば水銀のようにとても密度が高ければ左の図のように、2倍の密度の水であれば真中の図のようになります。
実際にプールで「くらげ浮き」と言って、うつ伏せで手足をだらんとさせて水に浮くやり方をすると、水面に出ているのは背中のごく一部で、他は沈んでいる状態になります。
体のほとんどの部分が水に浸かっていますが、プールの底に向かって体が沈んでいくわけでは有りません。この状態で息を吐いてみます。ほぼ息を吐き切ると体がプールの底に向かって沈んでいきます。息を吐いてプールの底に沈むのは、初心者ではとても難しいことですが、水泳に上達したら一度は試してみると良いと思います。

けのび

けのびとはプールの壁を蹴ってから、ストローク(手のかき)やキック(足の蹴り)で泳ぎ始めるまでの、水の中や水面を滑っている時間です。このけのびを見るだけでその人の泳力(泳ぎの巧さ)が分るといいます。
進行方向に正確に体を伸ばし、ストリームラインを作って蹴り出します。水面で蹴り出すよりも水中でけのびをした方が抵抗は少なくなります。

呼吸

下の図は、クロールで泳ぐときのスピードと呼吸のし易さの関係を、模式的に表したものです。


ゆっくり泳ぐよりもスピードを出して泳ぐほうが、呼吸はし易くなります。また初心者よりも上級者のほうが巧く呼吸ができます。
初心者に呼吸がし易いように速く泳ぎなさいと言うのは無理な話しですが、ゆっくり泳いでいてはなかなか呼吸ができないのも事実です。ある程度のスピードが 出れば自然と呼吸が出来る様になるので、呼吸を考えずに面かぶりクロールなどで少しでも早く泳ぐ練習をするのも、ひとつの方法です。



英会話 ゆっくり水泳 楽器 カメラ デジカメ エステ
ギター 健康食品 サプリメント Camera Camera

Copyright (C) 2004,2005 Arai Properent Corporation. All Rights Reserved.